読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるモノクロ第2幕

主にカードゲーム関連の日記です。公序良俗に反したコメント(誹謗中傷、プライバシーの侵害等)は一切禁止といたし、反したコメントは全て削除いさせていただきます。 また、あまりに公序良俗に反する場合は然るべき法的対応を取ることがあります。Chromeによる閲覧を想定していますので他のブラウザの場合多少不具合が生じる可能性があります。ご了承ください。

主にカードゲーム関連の日記です。
公序良俗に反したコメント(誹謗中傷、プライバシーの侵害等)は一切禁止といたし、
反したコメントは全て削除いさせていただきます。
また、あまりに公序良俗に反する場合は然るべき法的対応を取ることがあります。
Chromeによる閲覧を想定していますので他のブラウザの場合多少不具合が生じる可能性があります。
ご了承ください。

サプライズ

f:id:sanuwiz:20121208215443g:plain
サプライズアイコンが新しく登場しました。
以下公式サイトから引用

<概要>
新しいカード置場「サプライズ置場」にカードを裏向きで置き、
相手のターン中(アタック終了ステップ)に条件を満たせば表向きにすることで使用できる技です。
(条件を満たした場合に誘発可能な自動能力です)
サプライズの技を持つカードには「サプライズアイコン」がついています。
 

<使い方>
自分のキャラフェイズに、以下の行動のうち、どちらか片方を一度だけ行なうことができます。
※先行1ターン目には行なうことができません。
(A)まだカードが置かれていないサプライズ置場に、
  手札からカードを1枚裏向きで置き、山札から1枚引く。
  (サプライズを持っていないカードでも、サプライズ置場に置き、カードを引くことができます)
(B)自分のサプライズ置場に置かれているカードを控え室に置く。

<表向きになる条件について>
サプライズが表向きになる主な条件は以下の4つ。読み合いを制し、うまく使いこなしましょう!
・1回目のアタックで、パートナーアタックの時
・2回目か3回目のアタックで、パートナーアタックの時
・相手のフィールドにF(ファイヤー)かH(ヒール)がいる時
・相手のベンチに同じカードが2枚いる時

<その他、サプライズについて>
・サプライズの技は、サプライズ置場で表向きにした時以外には使用できません。
・サプライズ置場はフィールドには含まれません。
 (カードの技でフィールドのカードを選ぶ際に、サプライズ置場のカードは選べません)

サプライズの導入に伴い、総合ルール等は随時更新していきます。
詳細なルールについては、そちらをお待ちください。

ということだそうです。

1ターンに1度手札から好きなカードを空いているサプライズ置場に置いて1枚ドローか、除去するかをどちらか選択して行うということなので、カードが置いてあるサプライズ置き場に上書きする形でカードを置くということはできないそうです。
それでも、サプライズを持っていないタイトルでも手札交換の場として活用できるのはいいと思います。
一見勘違いしそうな点でいうと、サプライズ置場のカードはフィールドに含まないので、ファイヤーなどフィールドのカードに干渉する技に選ばれないので要注意です。
また、発動タイミングが相手のターン中のアタック終了ステップですので、スパーク等の効果をすべて解決した後での発動なのでその辺も注意が必要だと思います。
サプライズの発動する条件が4つのタイプ(今日の公開は2番目「2回目か3回目のアタックで、パートナーアタックの時」)に分かれるそうなので、相手のサプライズのタイプ等を読んで行動していくのも戦略の一つになっていくと思います。
詳細なルールはこれから先(2013年1月12日(土)の予定)になるそうなので細かい点についてはまた決まり次第話していこうかと思います。


今日の公開について話をしていこうと思います。
サプライズの発動タイミングは前述の通り2番目「2回目か3回目のアタックで、パートナーアタックの時」であなたのリングのカードの次のアタック中、攻撃力を+2500し、自身をフィールドか控え室に置くということです。
リングのカードを選んでパワーパンプする技とは異なり、単にリングのカードの攻撃力アップだけでなく自身がリングに行くことでそのままアタッカーとしても使えるので、なかなか使い勝手がいいと思います。